« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

アバニコ3

アバニコなんかの布材にペイントするときは、

アクリル絵具で大丈夫ですよ。

ただし、絵具に布用メディウムをまぜまぜします。。

この布用メディウムっつうのは

定着力と発色、耐光性を維持したまま、絵具の粘度を高めることが出来る優れものですよ。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月29日 (火)

話題の。。

今話題の越後製菓「ふんわり名人」です。。

すごいよ。。。

この食感。。ショーゲキ!!!

是非、ご賞味あれ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月26日 (土)

またまた薪能

さてさて

またまた行って参りました、薪能。

今回は増上寺です。

いい感じに日が暮れて。。。

寒い時期の薪能より初夏の時期の薪能が私は好きなのだ。。

火が赤々として、緑のにおいがして、、

初夏の雰囲気でない?

丁度、「狂言 附子」の演目の最中です。

狂言の中ではあまりにも有名な演目。

砂糖を猛毒だといっちゃうヤツです。。

話がわかってても笑っちゃうね、やっぱり。。

増上寺薪能

 能 楊貴妃

 火入れの儀

 狂言 附子

 半能 石橋

この楊貴妃って話は、

切ない話なのですよ。。

いちよ物語↓いれときます。

 唐の玄宗皇帝は、こよなく愛する楊貴妃を失い、悲しみの余り、魂の在り処を探させます。命を受けた方士(仙界の術を身につけた者)は、天上界はもとより黄泉の国まで訪ね歩き、ついに蓬莱の島で、楊貴妃の魂と出会います。その姿は在りし日と変わることもなく、たとえようもない美しさでした。確かに出会えたしるしにと、かんざしを差し出す楊貴妃に、方士は玄宗皇帝と誓い合った言葉を聞かせて欲しいと頼むのでした。

-天に在らば願わくは比翼の鳥とならん

 地に在らば願わくは連理の枝とならん

 それは、七夕の夜に変わることのない愛を誓い合った言葉でした。

もともと天上界の仙女であつた楊貴妃は、仮に人間の世界に生まれ、皇帝に見出されますが、誓いの言葉もむなしく、会者定離のさだめのまま、死後はこの蓬莱の島に住む身の上となります。昔を懐かしみつつ舞う楊貴妃。都に帰っていく方士をいつまでも見送り、また悲しみに沈むのでした。

フラメンコだとシギリージャってとこかな。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

甘味

最近、和菓子めぐりにハマっていて

それがなかなかいい。

小田原の清水甘納豆店からはじまり

銀座 空也、かずや、鈴屋。。。

錦糸町 しばた(ついでに亀戸天神参拝)

門前仲町 由はら、末廣菓子、麩一。。。(ついでに深川不動、富岡八幡宮。。)

その他、本郷、上野、御徒町、目白。。。そして巣鴨。。

老舗和菓子ってたくさんあるもんだ。。。

和菓子めぐりをすると

大抵、お寺や神社のそばにあったりするので東京にはたくさんあるのね神社仏閣が。。

なので賽銭で小銭つかいまくり。。の日々です。。。

:::デパートに出店してない老舗菓子店って結構あるね:::

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月21日 (月)

ぷらっと

銀座の片隅に和菓子屋さんを発見しましたよ。。

http://www.bibi21.com/kazuya.html

「銀座かずや」

1坪の店舗でこんなところに??

って感じなのだけれど

割と有名だったみたいです。。

丹波栗のあんよせをおみやに購入。。

たまたま入った店だったので

こんどは予約してからだね。。。

:::銀座って面白いよね。こういう感じが。。:::

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月13日 (日)

アバニコ2

2作目。

黒だとグッと大人な感じたナ。。

オリエンタルな感じにしたかったの。。

::やっぱり蝶々。。。:::

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年5月11日 (金)

アバニコ

アバニコにお絵かきしてみましたよ。

インク。最後まで悩みました。。

布用絵の具で彩色してみました。

トールペイント用の奴です。

アクリルは滲んでだめだったの。。

アールヌーボーちっくにしたかったけどイマ2ですね。。

でもα波でまくりですよ、作業中は。。

こういうチマっとした作業は好きなのさ。。

絵の具もきまったので次は凝ったのやってみっかな。。。

蝶々は気に入ったので他の小物にも採用するつもり。。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

好物。。

おそらく、地球が滅亡する一日前に何食べる?ときかれたら

「ピーナツバターサンド」といってしまう。

アメリカのチビッコのランチの定番といえば

パンにピーナツバターをたっぷり塗り塗りしたヤツを紙袋につつんでもってくる。。

そんなジャンキーなイメージだよね。ピーナツバターって。。

でもだめなんです。。

かなり好きなのです。。

っうか大好き。

20歳くらいに長野にいた時期があって

そこで知り合ったイギリス人に教えてもらった

オニオンとピーナツバターのサンド。

もーその日から毎日のように食べてました。

そんな私も大人になりすぎて好物だったピーサンドも

次第に記憶の彼方へ。

が。。

最近、復活しているのです。。。

ヤバイな。。

この魅惑の味。。。

::::

作ってみよう!(大人のぴーさんど)

1玉ねぎをマリネってみる

2ベーグルを半分こ

3ピーナツバターを大量に塗り塗り。

4マリネオニオンをのっける

5塩コショウとタバスコお好み。

食べすぎ注意!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 6日 (日)

ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン!

いってきました。

ラ・フォル・ジュルネ‐熱狂の日‐

東京国際フォーラムを中心として丸の内エリアがクラシック一色に。。

も~たまらない。。

今年、2007年の「熱狂の日」のテーマは、

「民族のハーモニー」。世界各国の作曲家たちによるクラシックの傑作を、

1公演あたり、1500円~という驚きの低料金で楽しむ事ができるイベントです。

ラヴェル、ラフマニノフ。。。こんな低料金で楽しめるなんて。。

夢のようだ。。

なんだか今日は興奮して夜更かししそうな勢い。。

覚醒する感じなのだ。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 4日 (金)

いざ小田原!

知り合いに会いに小田原へ

ちょうど

「小田原北條五代祭り」がやっていた。

↓は小田原城で出陣式を待つ甲冑をまとった人々。。

それにしてもいい天気。

GWの快晴ってのは定着したね。

小田原のおみやといえば梅か蒲鉾、干物なんかだけど

私の定番は清水甘納豆。。

100g単位で売ってくれるが

500はお土産で100は食べ歩き。。。

あっという間に完食さね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年4月 | トップページ | 2007年6月 »