« プチ・ロシア紀行 | トップページ | 今日の東京タワー(特別編1) »

2006年3月23日 (木)

東銀座界隈(その?)

レッスン前にいつものようにコーヒー(この日はタリーズ)を飲んでいると

消防車のサイレンが鳴り響いた。

「近くで火事かな」と本から目を離して外を見ると

雨が降っているにもかかわらず道路に人が集まっていた。

朝、テレビニュースで昨日のことが流れていた。

新橋演舞場のぼやだそうだ。

タッキーの公演だったらしいが、けが人もなく無事避難したらしい。

いつも感じることだが、

身近であった出来事がニュースで流れるのは不思議が感じがする。

他人事のように感じる、たとえそれが自分の会社や身内に起こった事件だとしても。

その場にたまたま居合わせたパパラッチのような興奮した気持ちも。

さらっと流れてしまう。

WBCの興奮もきっと1ヶ月も経つとすっかり忘れてしまうのかな。。

|

« プチ・ロシア紀行 | トップページ | 今日の東京タワー(特別編1) »

コメント

あの時、演舞場のそばにいたとはすごいことですね。
最近、私も普段はニュースで聞くようなことが、身近で起こってなんか変な感じを体験しています。
それも、マスコミの一方的な情報によって、人々の意見がとても左右されていることも感じます。

なんか、悲しいですね

投稿: ななみみ | 2006年3月24日 (金) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/54791/1134776

この記事へのトラックバック一覧です: 東銀座界隈(その?):

« プチ・ロシア紀行 | トップページ | 今日の東京タワー(特別編1) »